カテゴリ:未分類( 149 )

雪のふる日に

ラッシュをすぎた電車の中で
むずかしい顔をして眠っている子どもの
しあわせなまぶた

小さいのが
そのまぶたをそっとなでて
笑ってる

小さいのが
サラリーマンのめがねに
息をふきかけて遊んでる

めがねがくもって
サラリーマンは新聞が読めない

小さいのが
私の耳たぶをひっぱる


雪の日はぜんぶがぜんぶ
ふわりふわりとしか進まない
[PR]
by momo-cinnamon | 2009-02-27 13:17

はなうた

はなうたをうたうよ
はなうたしか歌えないよ
てくてく歩きながら
ちゃんと歌ってたら変だもんね
はなうた歌いながら歩くよ
[PR]
by momo-cinnamon | 2009-01-23 16:47

なにはともあれ

ごはんがおいしく食べられるうちは
たいていのことは大丈夫
[PR]
by momo-cinnamon | 2009-01-06 19:01

2009

d0043626_2227014.gif大きな瞳の牛さんが
こっちを見たと思ったら
ぱっちりウインクされまして
ハートがほろほろこぼれたよ

Happy New Year !
今年もよろしくおねがいします
[PR]
by momo-cinnamon | 2009-01-01 00:01

ポシェットに

おサイフケータイ
リップにチェルシー
それだけいれてでかけるよー

首にはくるくるマフラーまいて
ミトンをはめて、ほら
あったかくしてでかけるよー

すっかりなじんだ
ぺたんこぐつはいたなら
どこまでだって歩けるよー

冬の朝は、空気が
清潔そうないいにおい

やわらかな春の匂いが
そこに混ざるまで
どこまでだって歩いていくよー
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-12-31 10:38

ほろほろと

言葉がこぼれおちていく

書きたいことは
書かないといけないことは
あるはずなのに

指の間からほろほろとこぼれおちて
紙の上におちついてくれない
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-12-27 16:50

ホットミルクの膜がきらい

眠れない夜のホットミルク

甘い 匂い

ゆるゆるとおりていって
まもるように
おなかのなかにぺたりとおさまる

でも

上唇にはりつく
ホットミルクの膜がきらい

もう大人になったから
だれにもしかられないのだけれど
それでもかくれるように
こっそりと膜だけ横によけておく

こっそり
ひっそり
ゆるゆると

やがて眠りにおちるのだ
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-12-04 17:30

旅先の不思議な言葉

どうしても
どうしても
おもいだせなくて

でもその音だけが耳に残ってる
旅先で聞いた不思議な言葉

記憶の底から
ふと浮かび上がってくる
その瞬間は
いったいなにがきっかけなんだろう

そのとらえどころのないなにかに
おもいをめぐらす小春日和

それは、やわらかな日だまりに
似たものであってほしいと思う今日この頃
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-11-14 12:12

鈴のともだち

ともだちの中でいくにんか
鈴を持っているともだちがいる

その鈴はもちろんとくべつな鈴で
こちらでりんりーんとならすと
共鳴してあちらでもりんりーんとなる

こちらがわの鈴もときおり
ならしていないのに
りんりーんとなるので
鈴のともだちのうちのだれかが
すずをふったことがわかる

りんりーん
りんりーん

透き通った音に耳を澄ます

あぁそうだ
手紙を書こう

そうして便箋をとりあげる
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-09-11 12:06

どっちもほしい

ずいぶん前のku:nelに
とても好きな記事があって
それは

雪とは何かという問いに対しては
文学的なのと科学的なのと
いつでも2通りの答えが用意されている

っていうような感じの書き出しだった気がする

文学的なのと科学的なの

おそらくそれは
雪に関したことだけではないはずで

「ねぇふしぎだとおもいませんか」

という言葉がささやかれる
ありとあらゆることに関して
あてはまることのはず

文学的なのと
科学的なの

どっちか一方では
物足りないし味気ない

どっちもあるから
いいと思うんだけどなぁ
[PR]
by momo-cinnamon | 2008-09-01 01:39